文字の大きさ

背景色変更

消化器内科

特長

消化器疾患は症状が多様であり、診断方法として画像検査の占める割合が比較的高いため、専門医による迅速な画像検査の実施体制を整えています。
上部消化管内視鏡検査を平日は毎日実施しており、経口内視鏡よりも細く負担の少ない経鼻内視鏡も施行しています。
一般的な消化管内視鏡検査で原因が特定が困難な消化管出血症例では、小腸疾患を診断するためにカプセル内視鏡も当院では実施しています。

大阪医科薬科大学病院消化器内科との連携体制を整えており、当院で診断・治療が困難と考えられる場合には、迅速に大学病院へご紹介させて頂きます。

外来では、7名の医師が各々の専門分野を活かしながら総合的に診療を行っています。

入院診療では、言語聴覚士による嚥下機能評価や栄養サポートチームによる栄養状態評価を積極的に行うなど、病態に応じた適切な栄養療法の導入について、チーム医療として努めています。
高齢で外来通院での検査が困難な場合には、短期間の検査入院も行っています。

担当医師の紹介

外来診察
午前 中畑 瀧井

中畑

右馬 大坂

桶本

午後 箱田 瀧井

・都合により休診とさせていただくことがあります。

・午後の診察は予約制です。

・医師ごとに診察を行わない週がありますので各月の診療担当表をご確認ください。